日産・スバルの無資格者の完成車検査


9/11
日産取締役会、動く。筋書きのない展開で西川氏即時辞任へ(産経)


9/10
日産、不正は350億円規模=西川氏関与せず−社内調査結果(時事)
日産社長辞任、社内規定に反し4,700万円多く報酬。求心力失われ(NHK)


9/9
日産・西川社長辞意、不正報酬への批判厳しく。社内混乱は不可避(産経)
ゴーン被告による会社の「私物化」を指弾してきた西川氏自身の不正。


9/6
日産・西川社長の不正報酬問題:グレッグ・ケリー前代表取締役が目撃していた“巧妙な手口”。「トータルで約1億5000万円の利益があったと記憶しています」(文春)


9/5
日産社長、報酬規定違反か。数千万円上乗せの疑い(共同)


7/26
日産、営業利益98%減。過去最低に。世界で1万2,500人削減へ(NHK)


6/14
東証、日産に改善報告書要求=役員報酬の有報過少記載(時事)


2/5
日産、不記載の“ゴーン前会長報酬”91億円余を決算計上へ(NHK
日産は資金支援の再申請必要=SUV生産撤回で−英企業相。英政府は最大110億円の支援を約束していた(時事)
英国日産も? 不振事業見直しの口実に使われるブレグジット(日経ビジネス)

経済力は力
日独首脳会談、経済面での関係強化で合意(NHK)
メルケル氏の日本接近、背景に対中観変化と安倍長期政権(産経)
独メディア「日本から助け来た」=メルケル氏訪日に好意的論評(時事)
参考:
資生堂400億円投資、九州に化粧品工場。「メード・イン・ジャパン」輸出へ(日経)


2/4
企業の不祥事が絶えない「5つの犯人説」を検証する(秋山進)

日産、統治委が社長に聴取。ゴーン被告事件で会合(共同)
ルノー新会長と「未来志向の議論」=連合発展へ意見交換−日産社長(時事)
日産、英工場での生産撤回=次期SUVは九州で(時事)


2/2,3
日産社長、仏政府関係者と会談(テレ朝)
日産、英でのエクストレイル生産撤回(日経)
日産が“韓国斬り”、ルノーサムスン受託生産中止(zakzak)
参考:韓国車の1月販売、前年比5.6%減=国内のみ好調(YONHAP)
韓国の“泣きどころ”突く安倍政権の「無視」政策(田村秀男)


2/1
「これは策略、反逆だ」。ゴーン元会長会見全文(日経)

日欧EPA発効(時事)


1/30
ゴーン事件を「壮大なマネーロンダリング」ではないかと疑う理由(菅原 潮)


1/29
日産自を米証券取引委員会が調査、米国の幹部報酬開示巡り(Bloomberg)


1/26,27
窮地の日産に邸宅改築費要求のメール…経営者不適格の“証拠”(産経)

三菱自動車の計画認定取り消し。技能実習生に違う業務(東京)


1/25
ゴーン見限ったフランス、「黄色いベスト」の風圧強く(産経)
ゴーン被告、仏ルノー会長兼CEOを辞任(読売)


1/24
日産車の主要部品に「検査不正問題」が発覚(文集)
背景にあったのがゴーン氏が日産に来てから系列でもコスト削減が進んだこと。人員不足で検査が片手間になっていた。


1/23
「口裏合わせ」の恐れありと判断。ゴーン前会長、保釈再び却下(共同)

社内抗争と労使対立に明け暮れた日産。ユーザーを中央に置いていなかったともいえる。
質素倹約と根本的品質確保策(カイゼン)に取り組んだメーカーに大きく水をあけられた。
経営トップによる会社の私物化や貧弱なガバナンスも、"ユーザーのためにものづくりする"を優先しなかったためではないだろうか。(u.yan)


1/21
仏、日産とルノー統合要求。ゴーン失脚も圧力強化。マクロン大統領の意向(産経)


1/19,20
前会長、海外の住宅に27億円。日産側から支出、調査公表の方針(共同
ゴーン被告に新たな不正、非開示報酬10億円。日産・三菱自の合弁会社から(産経)
ゴーン被告が不正報酬10億円、統括会社から=日産・三菱自(ロイター)
外国人労働者を雇う企業に行政コストを負担させるべきと考える理由(塚崎公義)


1/18
3社連合の関係改善につながるか…ルノー、ゴーン会長解任へ(毎日)
検査不正と経営トップだったゴーン氏との因果関係を調査しないで良いのだろうか?(u.yan)


1/17
仏経済相「ルノーは経営トップ交代を」。ゴーン氏勾留長期化で(NHK)
ルノーがゴーン被告の会長職解任か、フランス紙報じる(TBS)

英EU離脱案が大差で否決、ワーストケースなら戦後最悪の不況も(熊谷 徹)
英GDPは28加盟国の中ドイツに次いで2番目。EUのGDPは一挙に18%減る。


1/16
日産、ゴーン被告に賠償請求へ=内部調査で「私物化」(時事)
ゴーン被告の姉に14年間で8千万円、「寄付」利用し資金還流。日産内部調査(産経)
日産送金先は自動車事業なし(TBS)
ゴーン前会長保釈認めず。「証拠隠滅の恐れ」判断か(共同)


1/15
日産社長、推定無罪「尊重している」=仏紙に反論(時事)
「会長として容認できない振る舞いがあったため、任務を解かざるを得なかった」
日産社長、社内調査見ればルノー取締役会もゴーン氏解任支持=仏紙(ロイター)
1ヶ月以上前にルノー側の弁護士に示した社内調査の結果がルノーの取締役会で共有されていない。


1/11
・ゴーン法廷発言に見える「起死回生」のしたたかな抗戦術(鈴木貴博)  「何を捨て、何を勝ち取るか」
ゴーン被告、合弁会社から10億円近い報酬(読売)
証券取引等監視委員会がゴーン前日産会長らを追加告発、17年度まで3年間の虚偽記載で(ロイター)
日産16億円送金、事業目的に自動車関連の項目がなく、無理やり「環境問題対策」に(読売)
ゴーン前会長、CEO予備費から中東2社に50億円支出か(NHK)
ゴーン容疑者、課税逃れか=税務上居住地オランダに−仏報道(時事)
ルノー副社長に「隠し報酬」、書簡にゴーン前会長サイン(朝日)


1/10
ゴーン被告の勾留取り消し請求、東京地裁が却下(読売)
日産、ゴーン前会長の不正解明へ。100人超で徹底調査(共同)


1/9
ゴーン前会長「無実だ」。不当に勾留と主張、特別背任事件(共同)
ゴーン容疑者が無罪主張=「嫌疑いわれない」−逮捕から50日・東京地裁(時事)
ゴーン前会長意見陳述の内容(全文の日本語訳)(NHK)

ゴーン前会長、私的損失の担保に日産資金30億円の融資指示か(NHK)
参考:英国トップ企業100社、CEO報酬、平均5.4億円=「労働者の133倍」(時事)


2019/1/1-3
日産背任、元幹部が経緯詳述。契約者変更文書に前会長カルロス・ゴーンの記名印(共同)
ペーパー会社通じ資金流出か=億単位、ゴーン容疑者側に―日産調査で判明・東京地検(時事)
ゴーン容疑者の勾留を10日間延長。配布されるカップ麺で年越し(産経)
「ルノーとの経営統合をつぶせ!」日産幹部が仕掛けたゴーン逮捕・追放(J-CAST)


12/28-31
販売促進16億円、日産担当者「不要だった」(読売)

16億円送金先のサウジ実業家ハリド・ジュファリ氏、日産と合弁会社設立(朝日)

日産の損失はゼロ、ゴーン氏は特別背任にあたらない。為替レートの変化からゴーン氏の運用実態を分析(細野祐二)


12/27
「ゴーン容疑者の周りの外国人はみんな逃げていく」保釈されたケリー被告はどう動くのか?(Abema)

「報復」への罰則見送り=内部通報制度見直し−退職者らも保護対象・内閣府調査会(時事)


12/25
転嫁後に実損数千万円=私的取引、日産名義で支払いか−ゴーン容疑者事件・東京地検(時事)
ゴーン容疑者の保証料30億円、サウジ知人が肩代わりか(毎日)


12/22-24
カルロス・ゴーン事件ニュース(livedoor)

ゴーン容疑者、取締役会の承認偽装か。独断で損失付け替え(産経)
ゴーン前会長「付け替え」認める。「背任行為当たらず」と容疑否認(毎日)
ゴーン容疑者、私的な損失付け替え、取締役会には諮らず(TVTOKYO)
ゴーン前会長の損失付け替え、側近の秘書室幹部が関与か(朝日)
ゴーン前会長、16億円余流出の疑い。再逮捕で拘束長期化へ(NHK)
日産、「私物化」裏付け期待=ルノー連合、主導権争いに影響も−ゴーン容疑者再逮捕(時事)


12/21
ゴーン前会長「このままでは絶対に納得できない」(NHK)
日産ゴーン前会長ら、検察の準抗告棄却。東京地裁(NHK)
日産ゴーン保釈か、検察特捜部が敗北の可能性…外圧に屈する裁判所、司法の公平性崩壊(BJ)

日欧EPA、2月発効。EU側の手続きが終了。世界の貿易総額の37%を占める自由貿易圏(東京)


12/20
日産とルノー幹部、8年前に報酬隠し計画。仏紙報道(毎日)

型式指定車の完成検査の不適切事案への対応について〜日産及びSUBARU(国交省)
完成検査の一部未実施による過料適用の通知


12/15,16
ゴーン事件:V字回復の影、行き過ぎたコストカット(東京)
海外重視、「最近は二〜三カ月に一度しか来ていなかった。ルノーとのアライアンスで日産は軽視されていた」。


12/14
完成車検査問題:日産、完成検査問題で約15万台をリコール。「ノート」「リーフ」などに加え、三菱「ふそうキャンター」、いすゞ「エルフ」計11車種(Car Watch)

カリスマ統治、監視甘く。「日産はガバナンスの劣等生」(東京)


12/12
日産の報酬文書、手書きで修正か。ゴーン前会長がサイン(共同)


12/10
日産・西川社長の交代を計画=ゴーン容疑者、業績不振で叱責も(時事)
ゴーン独裁に新事実!解任劇の動機は「西川社長のクビ」(ダイヤモンド)


12/8,9
日産、最終報告後も検査不正。ブレーキなど6項目(共同)

ゴーン容疑者「覚書」、報酬額を1円単位で記載(読売)


12/7
ゴーン前会長、一転サイン認める。一方で文書に効力なしと否認維持(共同)

日産、4度目の検査不正発覚…ブレーキなど複数(読売)


12/6
ゴーン元会長、退任後の報酬受領、2パターンで検討か(日経)
ゴーン前会長と秘書室幹部が署名。退任後払いの合意文書(朝日)
株主総会を無視したゴーン「ルノー高額報酬」事件(広岡裕児)

役員報酬、「決め方」の開示義務付け。金融庁方針(日経)

産業革新投資機構、休止の可能性。経産省、予算取り下げ検討(東京)


12/5
ゴーン容疑者、報酬一覧表自ら修正…決定主導か(読売)


12/3
ネット時代のゴーン報道(簑原俊洋)
「私は何よりもビジネスマンだ。だから環境問題よりもボトムライン(損益)を大事にする経営方針に優先的にコミットしている。ハイブリッドや電気自動車をいくら売っても損するばかりで、利益は全く生まれない。だから弊社はその道を進まない」


11/30
日産など3社、提携関係を維持(共同)
日産との合意文書、複数存在か。ゴーン前会長の退任後報酬(共同)
ゴーン氏逮捕、国内の報道に違和感。なぜこのタイミングで告訴したのか(田原総一朗)
ゴーン逮捕「司法取引」で露呈、時代に逆行した日産経営体制の問題点(中島茂)
役員報酬開示が始まって年俸が半減したことに、経営陣は素朴に不思議に思わなかったのでしょうか?
「巨額報酬の虚偽記載」は形式犯ではない。懲役10年以下の非常に重い“詐欺罪”


11/28
ゴーン前会長の昨年度報酬、実際は25億円か。取締役の報酬総額が、株主総会決議の上限を超えていた疑いも(朝日)
ゴーン容疑者、退任後報酬の計画認める。「確定しておらず記載の必要ない」と容疑は否認(産経)
ゴーン容疑者に破産の可能性も。株主訴訟では100億円超の請求か(フジ)
仏ルノー、ゴーン社内調査は元警察官僚が担当。側近の監査外す(産経)
ゴーン不正の実態を会計から読み解く…金商法違反、脱税、特別背任(八田進二)
ゴーン容疑者は会社の財産をほしいままにしてきた
ガバナンスが緩かったからこそゴーン容疑者は独裁者としてやりたい放題できた
日産3社連合、不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定(毎日)

走行距離での課税検討=自動車税改革で−政府・与党(時事)
新たなモビリティー社会が世界で同時に成立(松本知子)


11/23-25
日産ルノー連合継続「強く支持」。経済産業相と仏経済・財務相(共同)
ゴーン氏逮捕、欧州で広がる「陰謀論」。日本批判も(産経)
日産、日本人の代表取締役を追加へ。代表取締役が西川社長だけになり、権力集中を避けるため。ルノーの反発も予想(朝日)

ルノー出身2人に「解任やむなし」の結論を得るために4時間(読売)
日産、ゴーン会長を解任=全会一致、企業統治改革へ−ルノー提携維持・臨時取締役会(時事)

ゴーン容疑者が、メールでケリー容疑者に虚偽記載指示。特捜部が押収(産経)
  ゴーン会長、住宅改築費支払い、側近にメールで指示か(NHK)
ケリー容疑者、隠蔽を主導の疑い。ゴーン容疑者の報酬(朝日)
報酬隠し120億円か=「株価連動型」も記載せず−日産ゴーン容疑者・東京地検(時事)
ゴーン氏報酬、80億円は退任後払いで「覚書」(読売)

日産監査役「理解困難」と疑義。住宅購入の海外子会社の実態に(共同)
オランダの日産子会社は実体なしか(NHK)
日産の投資資金、タックスヘイブンの孫会社に移し、高級住宅購入か(NHK)
ゴーン前会長、ヨットクラブ会員費にも会社資金を流用か(NHK)

ものづくり、蓋を開ければ「コストカット」ゆえの「改竄」か?
動機が私腹を肥やすためだとすれば偽プロ経営者。幽霊子会社やタックスヘイブンを使うなどは悪質。
ルノーや日産はもちろん、株主やユーザーも、ニセモノを見抜く"目"が曇っていたということ。これは大きな問題である。
高品質ブランド「メイドインジャパン」を支えていたのは日本国民の"眼光"。
財務省の書類改竄事案が示すように、目が曇れば配慮も「忖度」になる。(u.yan)


11/22
直近3年も報酬を過少記載か。日産ゴーン会長、数十億円(共同)
家族での高級寿司も日産負担。プライベート旅行も(FNN)
是正を拒否。監視委が不正投資指摘(産経)
ゴーン会長の側近だけが不正関与の疑い。発覚防止を図ったか(NHK)

日産、22日に会長解任=ゴーン容疑者逮捕、体制刷新(時事)
法人の日産も刑事責任追及へ。西川社長を任意で聴取も(NHK)
法人の責任、刑事に加え民事も(産経)
日産、報酬制度を変更へ。ルノーとの連合も見直し(共同)

仏経済相「ルノーと日産の連合 守り抜く」(NHK)  ゴーン体制に影響力行使してきた仏政府、日産・ルノーの提携解消を恐れたか。
フランス大使、ゴーン会長と面会。東京拘置所で。「外国にいる全てのフランス人は領事保護を受ける権利がある」(共同)
ルノー、CEO代行を発表。ゴーン会長逮捕で(BBC)
ルノー幹部「日本でクーデター」=西川社長は「ブルータス」−ゴーン氏逮捕で仏紙(時事
ゴーン失脚で日産が仕掛ける「ルノー排除」の仰天策(ダイヤモンド)  日産を配下にしたルノーとの経営統合が仏政府の理想形

日産は落ち目のカリスマに年20億円を払い続けた。ゴーン来日から19年。コストカットが染みついた日産に必要なのは「技術」の復活だ(大日向 寛文)
・ゴーン追放も納得!謀略とリークの「日産クーデター史」(窪田順生)
同じような隠蔽を繰り返した三菱自動車、データ改ざんが何十年も現場で脈々と受け継がれていた神戸製鋼を例に出すまでもなく、「組織カルチャー」というものは、ちょっとやそっとでは変わらない


11/21
仏政府、税務当局にゴーン容疑者の調査要請(共同)
・ゴーン会長逮捕(NHK)
ゴーン氏、株価連動報酬記載せず。数十億円、側近取締役不正指示か(共同)
逮捕の取締役「虚偽」指示…執行役員ら司法取引(読売)
他役員の報酬がゴーン会長に流れたか(NHK)
参考:日産検査不正「背景にゴーン改革」外部報告書の結論(2018.1.9 毎日)
・ゴーンの何が悪いのか? 失った企業価値は50億円よりはるかに大きい。本当の罪は表には出にくいそちらのほうだ(小幡 績)
少なくとも50億円分の品質劣化があったのでは。(u.yan)


11/20
逮捕。ゴーン会長が「重大な不正」。日産自動車が会見。長年にわたり有価証券報告書に虚偽記載をしていたほか資金を私的に支出(ロイター)
ケリー代表取締役も関与(iza)
ゴーン容疑者ら2人逮捕。報酬を50億円過少申告の疑い(朝日)
ゴーン会長m世界4ヶ国に住宅。日産から数十億円支出か(NHK)
日産・西川社長が会見「ゴーン氏に重大な不正行為。解任を決断」(NHK)

「なんだこれ」立ち上がる国交省職員。日産社内外に衝撃(朝日)



11/15
スバルに再発防止を勧告。不適切検査で国交相(日経)
SUBARUに対する完成検査の不適切事案の再発防止に関する勧告等について(国交省)


11/6
スバル、検査不正で追加リコール=9車種10万台、品質改善へ減産(時事)
スバル、10月まで検査不正。10万台追加リコール(日経)
スバル、社外調査で不正次々発覚。説明後手、深まる不信感(毎日)


10/2
自動車メーカーの燃費及び排出ガスの抜取検査に係る不正事案を受けた一部の輸入事業者における調査の結果について(国交省)


9/29
スバル、新たな不正発覚。関心高い「安全性能」に疑問符(朝日)
スバル、ブレーキ検査も不正。燃費改竄1,900台に(日経)
スバル、不正「出し切った」? 3度目の「最終」報告(毎日)


9/27
日産、信頼回復、道見えず。不正報告会見、社長は不在(毎日)
日産の排ガス不正、1,205台に拡大。他項目でも改竄発覚(時事)

スズキ(株)の型式指定自動車の完成検査に係る不適切事案について(国交省)
スズキ、排ガス・燃費測定データ改竄。国の検査で判明。
国交相「このような事実が社内調査で発見できなかったことは、スズキにおける対応姿勢に問題があると考えられ、極めて遺憾。不適切事案の全容解明について、厳正に対処する」(朝日)

スズキ、測定結果の不正書き換えも。排ガス検査、2700台超(時事)


7/21,22
日産・経営陣の姿勢に厳しい視線。「不正発表」会見にトップ2人の姿なし(J-CAST)
止める勇気、重い覚悟。


7/12
自浄能力の低さが露呈、日産で燃費・排出ガス検査不正が発覚。抜き取り検査の約54%で試験条件からの逸脱・改ざん(日経XTECH)
社長「過去から長く続けてきたことに対し、今日からダメだと言ってもなかなか手を打てない」
日産、排出ガス測定のデータ書き換えや試験環境逸脱などについての記者会見(Car Watch)


6/27
「無資格検査に謝罪を」と求める日産株主。ゴーン議長は…(産経)
責任は部下が取ります、取らせます……?(u.yan)


6/3-8
スバル、燃費・排出ガス不正。前回の測定値書き換え動機の一因が、今回の不正につながる(Response)
スバル検査データ改ざん、不正は1,800件余りに拡大(NHK)


4/28-30
スバル、改ざん数百件に=調査公表(時事)


4/19
SUBARU、燃費や排ガス検査でデータ書き換え数百件に(NHK)


3/21
「適切な完成検査を確保するためのタスクフォース」中間とりまとめ(国交省)


2/9
SUBARU、リコール42万台に。費用250億円(FNN)


2018/1/9
繰り返すな品質不正 製造業が今やるべきこと。日産、神鋼、三菱マテリアルの蹉跌から学べ(山崎良兵)
日産とスバルの不正が国内新車セールスに落とす影(CAR and DRIVER)


12/30
日産、リコール客に8万円クーポン。無資格検査問題で(朝日)


12/26
残念ながら御社でも不祥事は起きます(山口利昭)
・「部分最適化」の行き過ぎが不正を生む
・「法令遵守=コンプライアンス」ではない。社会的な見地から見て問題がある行動を企業が起こし続ければ、ダメージが大きくなる。


12/25
スバル、燃費データ改ざん? 社会全体が隠蔽体質の温床か?(財経)


12/23,24
SUBARUへの不適切な完成検査に関する指示(国交省)


12/21
日産検査不正、国交省が初の本社立ち入り検査へ(NHK)
無資格検査問題、日産の生産担当副社長が退任へ(読売)

「品質不正の調査徹底を」。経団連、会員に要請(時事)
一連の不正行為を国内製造業の信用失墜につながりかねない深刻な事態と受け止め。


12/20
無資格検査、80年代から。スバルでも隠蔽行為。調査報告(時事)
スバル、検査員登用の社内試験で回答漏洩。外部調査で判明。外部調査報告書、「経営陣から現場に至るまで完成検査業務の公益性および重要性が十分に理解されていなかった」(朝日)

「SUBARU」、燃費チェックでデータ書き換えか(NHK)


12/2,3
日産、新車販売27.4%減。無資格検査問題響く(山陽)


11/23
国交省、日産に四半期ごとの報告を求める。不適切な完成検査の再発防止状況(Response)


11/22
日産自動車(株)への不適切な完成検査に関する指示(国交省)
「適切な完成検査を確保するためのタスクフォース」設置(国交省)
日産の検査不正に国交省が激怒する本当の理由(井元康一郎)


11/21
日産の無資格検査で正すべきは「現場への責任転嫁」だ(石橋留市)
日産が軽視したのは法令だけではない。意図的ではないにしても、モノづくりで最も重要な「現場」「従業員」を“結果的に”軽視することで生じたものだ。


11/20
日産社長が語った、完成検査員認定の「(傘下の)三菱自動車との差」 「現場の感覚とギャップのある基準を放置した」(日経テクノロジー)


11/18,19
見極め・独り立ち…日産、現場に不正の隠語(日経)
ゴーン氏の責任、明言せず。日産社長、無資格検査問題で(朝日)
日産無資格検査、38年間。報告書、幹部処分発表せず(毎日)
日産の無資格検査「規範意識の低さや検査員不足」原因。国交省に報告書提出(日経)


11/17
スバル39万5,000台リコール。費用200億円(産経)
スバル39万台リコール。無資格検査で、全車種対象(時事


11/10
スバル、無資格検査でのリコール約40万台に拡大。車両選別せず。同時期に生産されたすべての車両に変更(ロイター)

不正検査の日産、国内全工場からの出荷を開始(日経テクノロジー)


11/9
日産が今期営業益を400億円減額、検査問題響く。中計は「着実成長」(ロイター)


11/8
育成プロセスないがしろにする不適切事案。日産試験不正で国交相(ロイター)

日産の検査不正、背景に人手不足。上からは「人減らせ」(朝日)


11/7
日産、監査時だけ「適正」装う。複数の工場で組織的隠蔽(朝日)


11/1
バレるまで無資格者の検査は続く。自動車製造現場で不正が起きる裏事情(SPA)
日産自動車(株)における完成検査の不適切な取扱いを受けた他の自動車メーカー等における確認の結果(国交省)


10/31
スバル以外23社から違反報告なし、日産不正後の各社調査(ロイター)
スバル検査不正、吉永社長「完成検査員のハードル高すぎた」。疑義は3週間前に把握、精査優先し、公表見送る(日経テクノロジー)


10/30
スバルも無資格検査を公表、「30年以上続けてきた」と社長(日経テクノロジー)


10/27
スバルも無資格検査。群馬県内の工場で、社内調査で判明(時事)
スバルも無資格検査。群馬の工場、日産に続き。リコールも検討(産経)
カルソニックカンセイ、日産に休業費用請求の可能性。日産の完成車生産停止の影響を憂慮(日経テクノロジー)


10/26
日産が追加リコール、計30車種で3万8,000台。新車の無資格検査を公表後も続けていた問題で、再検査が必要でリコール(産経)


10/25
日産に立ち入り検査へ、出荷再開前に態勢確認。国交相(朝日)


10/23
日産自動車、訓練を受けていない従業員も検査に関わっていたことが明らかに(読売)


10/21,22
日産・神鋼の不正、モノづくりの信頼揺るがし遺憾。国交相(朝日)


10/20
日産、不適切な検査、少なくとも20年近く前から(NHK)
日産甘さ露呈、経営責任に発展する可能性も。国内出荷を停止。4工場で無資格検査を継続(読売)
日本の自動車産業は困難期、米紙 日産問題で(デイリー


10/11
日産、大規模リコールも。国内全6工場で不適切検査(日経)


10/7-9
偽装用印鑑、帳簿管理で貸し出し。日産、組織ぐるみか(朝日)
日産リコール、過去45ヶ月間、OEM含め国内向け生産すべてで異例の対応(Response)


10/5
無資格者による完成車検査、“やっちゃった日産”の何が問題なのか?(Response)
日産、書類上は「正規」装う。同じ名前の印鑑五つ、偽装常態化か(時事)
日産、“期間従業員も検査”。ずさんな検査体制常態化か(NHK)


10/3,4
日産の完成検査不備、制度の根幹揺るがすもの。国交相(朝日)
日産工場の大半で書類偽装。資格者の押印、不正常態化か(朝日)
日産自動車の121万台リコール、その内容と原因は? 東京モーターショーへの影響は?(クリッカー)

日産、安全管理に際立つ「甘さ」。書類偽装の可能性も(朝日)
日産社長「心からおわび」。資格審査で陳謝、121万台リコール届出へ(Response)