鋼の合金元素
元 素 役  割
C 炭素 強度、硬さ、耐摩耗性を増大させる
Si 珪素 フェライトの強化。酸化物は粒状介在物。3%以上含む珪素鋼は高透磁率。
Mn マンガン 焼き入れ性向上により強度、靱性向上。
P リン 低温脆性悪化。
S 硫黄 溶接部の割れ発生の原因になる。
Cr クロム ステンレス鋼の基本合金元素。耐食性向上。焼き戻し軟化抵抗を増す。
Mo モリブデン 焼き戻し軟化抵抗を増し靱性向上。
Ni ニッケル 低温、高温での靱性改善。
Al アルミ 精錬時の脱酸材。酸化物は粒状介在物。
Cu 熱間加工時に割れを生じさせる。表面に緻密な錆を作るのでPと共に耐候性鋼に添加。
元素記号についてはhttp://www.ceres.dti.ne.jp/~itocha/elements/を参照されると良いでしょう。