溶接の種類

 被覆アーク溶接  被覆材を塗った溶接棒と母材との間にアークを飛ばして、その発生熱で溶融する溶接方法。
 マグ(MAG)溶接  CO2等で空気を遮断して行うアーク溶接方法。溶接ワイヤーを使用。
 イナートガスアーク溶接  空気遮断に不活性ガスを使うアーク溶接方法。アルゴンガスを使用するミグ(MIG)溶接と非消耗電極を使用するティグ(TIG)溶接がある。
 セルフシールドアーク溶接  溶接ワイヤーにシールド作用と脱酸、脱窒作用を持たせることでシールドガスを使用しないアーク溶接方法。
 サブマージアーク溶接  溶接部に粒状フラックスを置き、その中でアークを発生させる溶接方法。
 エレクトロガスアーク溶接  開先を水冷銅当て金で囲んだ上でガスでシールドし、その中をアークを飛ばす縦継手溶接方法。
 エレクトロスラグ溶接  溶接ワイヤーと母材との間に流れる電流の抵抗発熱を利用した溶接方法。
 スタッド溶接  ボルトや鋼棒と母材をアーク溶接する方法。




溶接変形






溶接欠陥