令和2年7月豪雨
 
pen-05b.gif
8/8-10
台風5号を含むトリプル熱帯擾乱が発生中、今後の動向は?(杉江勇次)  10日15:00九州北部に最接近(最大瞬間風速35mを予想)、11日には温帯低気圧に変わり北海道に接近する見通し

東北、8日夜〜9日、日本海側中心に大雨のおそれ(NHK)
秋田新幹線、9日始発〜夕方、秋田〜盛岡の上下線運転見合わせ(NHK)

災害査定効率化の対象区域追加〜令和2年梅雨前線豪雨等により被災した道路・河川等の迅速復旧を支援(国交省)
岩手県、山形県、静岡県、島根県、岡山県、広島県

八代港における国による港湾施設の一部管理の取組〜令和2年7月豪雨災害による漂流物の回収等(国交省)

半日前に集中豪雨警報。気象庁、自治体向けに23年にも体制(日経)

低炭素社会の実現に貢献:木造先導プロジェクト2020」第2回提案募集〜令和2年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)(国交省)

感染止まらぬ自衛隊、集団生活が影響した可能性がある。防衛相、少人数での会食の禁止も視野(毎日)
今、自然災害がでませんように。(u.yan)

2020年は大西洋ハリケーン多発年に、予想史上屈指と米気象当局(AFP)

pen-05b.gif
8/6
8/7に九州地方整備局が、「第2回 球磨川水系球磨川堤防調査委員会」及び「第2回 筑後川水系筑後川堤防調査委員会」を開催(国交省)

一級河川の区間見直し(国交省)

全国建設労働組合総連合、熊本県人吉市でCCUSモデル事業実施。応急仮設住宅整備で、建築大工登録(建設工業)

古郡建設と古郡ホーム 豪雨災害被災地へ”ちょっと変わった”義援金活動を開始(建設通信)

交政審部会小委、洋上風力発電の基地港湾指定を了承。秋田港、能代、鹿島、北九州の4港(建設工業)

「ブルーエコノミー」の起爆剤になるか、海に眠る気候変動対策(日経XTECH)

pen-05b.gif
8/5
球磨川の氾濫、合流部で水位が急上昇し避難難しく。専門家(NHK)
合流部被害、全国各地で。専門家「全国至る所に合流部 早めの避難を」

「想像を絶する光景」豪雨に沈む国道219号。球磨村の消防団員が撮影(西日本)
普段の水位は国道より10mほど低いが、国道が完全に冠水、15mほど高くなった

再掲: 「想定外どころやない」かさ上げした堤防をのみ込んだ濁流(西日本)
背景には「ダムによらない治水」が定まらず、河川整備計画が策定されていない球磨川の現状がある。
旧民主議員、抗弁あるならメールを。(u.yan)

治水専用のダム、山形県・最上小国川ダムが竣工。東北初の流水型(建設工業)
最上町町長「まちづくりは安全・安心が基本だ。ダムが完成した今、安全で安心な暮らしとさらなる流域のまちづくりの活性化に取り組む」

pen-05b.gif
8/4
「想定外どころやない」かさ上げした堤防をのみ込んだ濁流(西日本)
八代河川国道事務所の担当者「想定外とは言えないのです」。 球磨川の治水工事は「5〜10年に一度の洪水に耐えるもの」でしかなかった。
背景には「ダムによらない治水」が定まらず、河川整備計画が策定されていない球磨川の現状がある。
ダム嫌いな熊本県知事は明確な答を県民に示すべき。
人災を再び起こさないよう努めるべし。(u.yan)


2020年7月豪雨災害から1ヵ月、権限代行で復旧工事進む(建設通信)

令和2年7月豪雨による被害の災害査定を開始(国交省)
8/4〜熊本県、鹿児島県

土砂災害専門家等(TEC-FORCE高度技術指導班)が令和2年7月の大雨による地すべりに対する対応について支援(国総研)  宮崎県串間市
専門家が令和2年7月豪雨による斜面崩壊への対応を支援(国総研)  長崎県平戸市

球磨村唯一のコンビニ、1カ月ぶり再開へ。「復興への手助けに」(毎日)

損保大手保険料、ハザードマップに連動。リスク反映、浸水リスクが低いと2〜3%安くし高ければ1割ほど上げる(日経)

梅雨=危険な季節』と認識を変えなければならない。梅雨は、しとしと? ザーッ?(永山悦子)
7月は記録的多雨、日照不足。東・西日本と東北―気象庁(時事)

都市の低炭素化の促進に関する法律に基づく低炭素建築物新築等計画の認定状況について(令和2年3月末時点)(国交省)

「気候風土適応型プロジェクト2020」を決定〜令和2年度サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)第1回提案募集の採択(国交省)

既存建築物の省エネ改修工事により環境負荷低減等を実現する民間プロジェクト募集〜令和2年度既存建築物省エネ化推進事業の第2回提案募集(国交省)

「既存建築物省エネ化推進事業(建築物の改修工事)」の採択プロジェクト35件を決定(国交省)

日本工営、独メーカーとフライホイール蓄電システムを共同開発。機械式の蓄電装置で、電力系統を安定化(建設工業)

東京湾の干潟の経済価値は12〜18億円/ha〜人の干潟の利用がCO2削減や生物多様性に貢献(国交省、国総研、港湾空港技術研究所

pen-05b.gif
8/3
台風4号、3日明け方にかけて先島諸島に最接近。大雨や暴風に警戒を(共同)

九州豪雨いまなお1,500人避難所生活。コロナ対策徹底の1カ月(産経)

利かなかった人吉市の「タイムライン」、水位急上昇で対応追いつかず(日経XTECH)
「300〜400mmの雨が予想されるので注意しようと、気象台から説明があった」
計420mmの雨。想定を上回る時間雨量60mm超の豪雨

20年7月豪雨:政府、復旧支援対策パッケージ決定。応急復旧・生活再建など柱(建設工業)
20年度予算予備費1,017億円支出(建設工業)

pen-05b.gif
8/1,2
令和2年度国土交通省関係予備費の使用の概要(7/31閣議決定)(国交省)  118.5億円
令和2年7月豪雨により
1.災害を受けた河川等において、国が施行する河川災害復旧事業及び県が施行する災害関連緊急砂防等事業並びに国が施行する河川維持修繕事業に要する経費
2.災害を受けた九州地方等の観光再建支援のための調査に要する経費

記録ずくめだった「7月」…台風ゼロ・日照時間最短・降水量16都県最多(読売)

海は思われていたより多く熱を吸収、気候変動に大きな影響か=米研究(BBC)
海が過去25年もの間、世界中で発電に使うエネルギーの150倍もの熱を毎年、吸収していたことが分かった。これは従来の推計より60%高い数値だ。

濁流を泳いだラフティングのガイド、切れた電線にしびれ。電柱に女性が(朝日)

「今回も大丈夫」油断招いた55年前の洪水、避難促した防災ラジオ。豪雨の教訓(毎日)

pen-05b.gif
7/31
豪雨による住宅被害、34府県で1万7,551棟(31日午前7時半)(NHK)

pen-05b.gif
7/30
28夜に雨が弱まったあと、29朝にかけて氾濫が相次ぐ。
最上川氾濫、上流と下流で水位のピークに最大20時間の差(NHK)


最上川沿い、浸水最大4mか。大蔵村付近、国土地理院推定(時事)
最上川4カ所氾濫。山形大雨、住宅浸水(毎日)
山形・最上川4カ所で氾濫。88棟浸水、2,438人避難。住民ぼうぜん(河北)
山形で記録的な大雨、最上川が氾濫。増水・土砂災害に十分注意を(NHK)
記録的大雨、各地で被害。山形県で最上川が氾濫(ANN)

ソフト対策で命が、財産が、職場が守れたか?
温暖化災害の怖さと緊縮財政の怖さ。
財務の提灯、反論あるならメールを。(u.yan)


SNSで救助要請…自治体で対応に差。デマや埋没、確認に難題残る(西日本)
東北大・佐藤翔輔准教授「豪雨災害でのツイートは救助には結びつきにくい」。消防の対応能力を超えており、人的余裕のない市町村レベルではSNSの情報収集まで手が回らない。

大雨特別警報を改善、精度を高め狭い地域の豪雨にも出せるようにする。気象庁。改善策を7/30 01:00から41都道府県に導入(時事)
狭い範囲の災害に対応、大雨特別警報の基準を1km四方で判定。気象庁(読売)

国交副大臣が渡良瀬遊水池・思川開発事業を視察(国交省)   南摩ダム

pen-05b.gif
7/29
山形で記録的な大雨。東北南部や新潟、28日夜遅くにかけて激しい雨の予想。厳重警戒(NHK)
28日、東北・北陸で記録的な大雨(テレ東)
山形などで大雨、10カ所以上で7月の観測史上最大記録(朝日)

山形・大石田町、最上川中流で氾濫発生(NHK)
最上川中流の大蔵村でも氾濫発生(NHK)
山形・大江町、最上川 一部で川の水あふれる。周辺で浸水被害(NHK)
東北や北陸で局地的に記録的大雨。前線停滞、浸水相次ぐ(共同)

今度こそ、個人・個室の高間仕切りの避難所設営を。送風機と大型エアコンの併用を。(u.yan)

見えてきた球磨川「逆越流」のメカニズム、気候変動時代の典型洪水か(日経XTECH)  民地側(堤内側)から川側(堤外側)へ向かう流れ

権限代行により熊本県管理河川の土砂の撤去等を国が緊急的に実施(国交省)

JR九州、復旧は1年以上かかる(NHK)

「UAV 等を用いた砂防堰堤の自動巡回・画像取得技術」の要求性能に対する意見募集について(国交省)

足立議員、強靱化緊急対策の継続要請。ポスト3か年、いや5か年を。参院災害対策委(建設産業)

土砂災害に関する小学校への出前講座(石川県)
災害の少ないエリアに、コロナ禍への支援に、人口減少で選ばれる時代の地方は知恵・工夫の戦い。 頑張る地方自治体に手厚い補助金を。(u.yan)
再掲:不動産取引時において、水害ハザードマップにおける対象物件の所在地の説明を義務化(国交省)

pen-05b.gif
7/28
東北・東日本中心、28夜にかけ大雨のおそれ(NHK)
関東、梅雨明けは8月か? しばらくは急な雷雨に注意(青山亜紀子)

20年7月豪雨:国交省、熊本県内道路復旧で権限代行。道路法改正後初適用(建設工業)
対象区間の総延長は約100km(県管理国道50km、県道7路線40km、市町村道7路線10km)。
権限代行制度について(国土交通省)
令和2年7月豪雨による土砂災害発生状況(国交省)

床上浸水を防ぎ切れなかった地盤のかさ上げとピロティ建築(日経XTECH)

確実に変わった日本の雨、豪雨もニューノーマルの時代に(日経XTECH)
ハードとしてのインフラの限界を感じるとともに、ハードにもソフトにも、改善できる部分はまだまだあるのではないかという思い
財務がカネを出さないから実現出来なかった事は多い。
ニーズに応じて工学は問題を解決してきた。ハードに限界を感じる専門誌の編集者とは?(u.yan)


pen-05b.gif
7/27
西日本〜東北、局地的に非常に激しい雨か。土砂災害など警戒(NHK)
太平洋側を中心に、27日にかけて、局地的に非常に激しい雨のおそれ。土砂災害などに警戒を(NHK)

「避難勧告」廃止、「指示」に一本化へ。逃げ遅れ防ぐ(日経)

家屋を串刺しにした大量の流木、球磨川ルポ(日経XTECH)

建コン協会員、応急復旧対応の労基法33条申請は3割程度。適用のばらつき是正要望へ(建設工業)  労働基準監督署の判断で一部会員で適用されなかったケースあり。

pen-05b.gif
7/25-26
梅雨末期の大雨続く、西・東日本で月曜日にかけて土砂災害などに警戒(ウェザーマップ)
西・東日本、26日にかけて大雨のおそれ。土砂災害などに警戒を(NHK)
25日未明から朝にかけ、兵庫県南部で大雨。洲本など降水量更新、引き続き激しい雨の恐れ(神戸)

長崎・諫早市、崖崩れに巻き込まれた親子3人のうち2人死亡(NHK)
長崎・諫早市で崖崩れ。数人が巻き込まれたか(ANN)

九州豪雨から3週間、なお復興妨げる雨。仮設住宅内覧も(朝日)

参考:
建築物衛生法で立ち入り検討。経済再生担当相、劇場・飲食店の換気対策(産経)
建築物における衛生的環境の確保に関する法律
第二条
この法律において「特定建築物」とは、興行場、百貨店、店舗、事務所、学校、共同住宅等の用に供される相当程度の規模を有する建築物(建築基準法(昭和二十五年法律第二百一号)第二条第一号に掲げる建築物をいう。以下同じ。)で、多数の者が使用し、又は利用し、かつ、その維持管理について環境衛生上特に配慮が必要なものとして政令で定めるものをいう。
第四条の2
建築物環境衛生管理基準は、空気環境の調整、給水及び排水の管理、清掃、ねずみ、昆虫等の防除その他環境衛生上良好な状態を維持するのに必要な措置について定めるものとする。


中国・南部を中心に大規模な水害、4,500万人以上が被災。直接的経済損失1兆8,000億円超。被害拡大懸念も(毎日)

pen-05b.gif
7/23-24
活発な雨雲が九州にかかり続ける。25日にかけて土砂災害などに警戒を(tenki)
九州など西日本、26日にかけ局地的に大雨のおそれ(NHK)
九州北部と四国、24日から大雨警戒(時事)

自然災害から逃れるために避難したいが、避難所でのコロナ感染も怖い……動けない状況をつくりだしたのは誰か?
1階RCに木造2階建て(延3階建)でも被災した球磨川沿い=地域のリスクを解っていても、それを軽く超えてくる温暖化災害に太刀打ち出来なかった。
防災インフラの緊急投資無しで乗り越えろと言う政治家は永田町の丘から立ち去れ。 政府の算盤屋を気にしながら発言する者も真の土木屋ではない。
建設国債4兆円×10年の投資すれば最悪を抑制できるのではないか? (u.yan)


温暖化、もはや2階では命守れず。新たな避難「文化」を(すぎもと・めぐみ)
危機がギリギリに迫ってから避難では対処が難しい現実。
逃げずに済む安全な土地は狭い日本には少ない。
地方気象台が大雨特別警報の発令前に東京の本庁に確認する手続きがありますが、短時間で激しく降る昨今の豪雨では命を守る時間のロスです。

交付税28億円繰り上げ配分、豪雨被災の4市(江津市、鹿島市、薩摩川内市)―総務省(時事)

土砂災害専門家等(TEC-FORCE高度技術指導班)が令和2年7月の大雨による地すべりに対する対応について支援(国交省)  宮崎県串間市
国総研 道路基盤研究室長:渡邉一弘、
構造・基礎研究室長:七澤利明 
土研 地質・地盤研究上席研究員:宮武裕昭
土砂管理研究上席研究員:杉本宏之

令和2年梅雨前線豪雨等の災害査定効率化の具体的な内容(国交省)
(水管理・国土保全局所管施設)
長野県(2,000万円以下)、岐阜県(3,000万円以下)、愛知県(2,000万円以下)、山口県(2,000万円以下)、愛媛県(1,500万円以下)、福岡県(2,000万円以下)、佐賀県(1,500万円以下)、長崎県(1,500万円以下)、熊本県(3,000万円以下)、大分県(2,000万円以下)、鹿児島県(2,000万円以下)
(港湾局所管施設)
熊本県(1,000万円以下)
(都市局所管施設)
福岡県(2,000万円以下)、熊本県(3,000万円以下)

球磨川に架かる橋梁10橋、両岸道路約100kmの早期復旧に向け国の権限代行による災害復旧事業に着手〜道路法改正後、地方道の災害復旧代行の初適用(国交省)

豪雨被災地に移動式仮設住宅設置。熊本・球磨村、8月上旬から入居開始(西日本)

国内最大級の水路トンネル貫通、京都・天ケ瀬ダムに放流設備。 豪雨対応を強化。最大毎秒600トン、ダム本体と合わせ1,500トン放水に拡大。近畿地方整備局の再開発事業(京都)

中国三峡ダム、大雨で水位上昇止まらず。警戒感広がる(日経)

コンビニ大手3社、共同配送実験(産経) 高効率化は課題。

pen-05b.gif
7/22
西日本と東日本で大気不安定 激しい雷雨などに十分注意(NHK)
22日、関東など広範囲で雨。近畿・東海は“大暑”らしい蒸し暑さに(ウェザーニュース)
4連休は大雨に警戒。夏の高気圧が梅雨前線をブロック(ウェザーニュース)
梅雨前線が弱まって土用蒸(饒村曜)

国交省・栗田事務次官が訓示。自然災害に機敏な対応を、現場努力を社会に発信(建設工業)
危機管理や自然災害への機敏な対応が国交省の本質

再度災害、受注者に損害負担求めず(地方建専紙)
災害対応の地域建設業に配慮、「不可抗力」解釈明確化へ。予見性高い損害は非該当の方向。国交省(建設産業)
国交省、リスク伴う災害復旧工事の「不可抗力」解釈明確化。受注者の損害金負担なくす(建設工業)
予見でき発注者が考慮すべきリスクは、不可抗力の対象にならないと考える方向

時間的制約考慮の山間部補正、直轄初適用工事を公告。8/7まで受付。関東整備局の内河内第五砂防堰堤(建設通信)

建機は災害時の「武器」になる(匿名)

豪雨被災地、結膜炎に注意。泥除去時はゴーグルを。眼科医会(時事)

JR高山線、23日に全面開通(岐阜)
豪雨被害730カ所に拡大。JR九州、肥薩線2駅でホーム流失(西日本)
農林水産被害、県内15億円。河川道路20億円(佐賀)
水路の「異変」が“スイッチ"、犠牲者ゼロ。全27戸水没した熊本・球磨村の茶屋集落(西日本)

南アジアのモンスーン豪雨、死者約200人に(AFP)
長江の三峡ダム、洪水対策で放流を実施。中国(AFP)

足羽川ダム本体工1期、125億余で清水・大林JV。近畿整備局(建設通信)

小規模河川にもハザードマップ、国交省が簡易な作成手法を公表(日経XTECH)  航空レーザー測量とドローン写真測量から河道縦横断図や平面図

ESG投資(環境・社会・統治を重視)、個人にも拡大。関連投信に8兆円流入(日経)

東京都豊島区のSDGs(建設通信)
参考:SDGsで百花繚乱の施策(日経XTECH)
「住み続けられる街づくりを」

再エネ海域利用法に基づく促進区域の指定(国交省)
秋田県能代市・三種町及び男鹿市沖、秋田県由利本荘市沖(北側)、秋田県由利本荘市沖(南側)、千葉県銚子市沖

NEDO・川重・大林組の3者、水素発電の性能向上。ドライ燃焼方式の実証試験に成功(建設工業)

大林道路・早水電機工業・宮吉硝子、太陽光発電で発光する舗装用ガラス開発。夜間の足元を照らし、情報発信やイルミネーションに(建設工業)

pen-05b.gif
7/21
20日、東海・西日本中心、各地で猛暑日。21日も広い範囲で厳しい暑さに(NHK)

ゲリラ豪雨「土砂災害に注意」。九州は8月上旬から―民間気象会社(時事)

シベリアの気温、5度以上も高く(読売)

土砂災害専門家(TEC-FORCE高度技術指導班)が令和2年7月の大雨による土砂崩れに対する対応について支援(国交省)  岐阜県郡上市大和町
  上席研究員 杉本宏之
  主任研究員 竹下 航
    研究員 高木将行

水害防止「ダム含め対策を」官房長官。
「川辺川ダム」建設計画は、流域自治体の反対などにより、民主党政権下の2009年に中止された(時事)


ツイッターで災害情報。日向市消防団が8月開始(宮崎日日)

パブコメ
「鉄道事業法施行規則等の一部を改正する省令案」に関する意見募集
安全管理規程に記載すべき内容として「災害の防止に関する事項」を規定する。

pen-05b.gif
7/20
豪雨災害、なお2,000人避難。発生2週間。熊本(時事)

球磨川のダム建設「課題に」、官房長官。「(治水対策は)ダム建設でなければ難しいという判断だったが、地元から反対があった。今回の被害で、その問題を課題に乗せなくてはまずいのかなという思いがある」(時事)

死者の出た「7月豪雨」土砂災害を再現、生死を分かつ数十メートル(日経XTECH)

経産・国交両省、洋上風力発電関連産業の競争力強化へ。官民連携協議会で議論スタート(建設工業)

骨太の方針、国土強靭化「十分な予算確保」。この他、新型コロナウイルス感染症の拡大に対応するため「デジタルニューディール」を推進(地方建専紙)

【全47都道府県】2011年〜20年6月25日までの「震度別」地震発生回数(AERAdot.)
温暖化災害におけるコロナ防疫策は、徹底的に「使える対応」にしておこう。 巨大地震が加わった三重複合災害に必須である。
政治家は使い物にならないようだ。住民が基礎自治体を鍛えるしかない。(u.yan)


pen-05b.gif
7/18,19
関東甲信・伊豆諸島、局地的に激しい雨。土砂災害に警戒を(NHK)

トンネル付近の県道で土砂崩れ。怪我人なし。静岡・沼津(NHK)
山の斜面が崩れ住宅に土砂流入。怪我なし。静岡・下田(NHK)

骨太方針、「国土強靭化」前面に。豪雨災害や与党要望受け。閣議決定(産経)
政府、骨太と成長戦略を決定。防災・減災へ「十分な予算確保」(ロイター)

頻発する極端な気象と、どう付き合う? 令和2年7月豪雨の原因から読み解く(共同)
7月前半の降水量が1,000mmを超す被災地も多くあり「今まで経験したことのないような雨」。
梅雨前線停滞の理由は、インド洋の高水温と、偏西風が日本の西側で南へ蛇行、何度も線状降水帯が発生。

災害査定の手続きを効率化し、道路・河川等の迅速な復旧を支援〜大規模災害時の災害査定効率ルールを適用(国交省)  長野県、岐阜県、熊本県、鹿児島県、熊本市に、愛知県、山口県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、広島市、福岡市を追加

不動産取引時において、水害ハザードマップにおける対象物件の所在地の説明を義務化 〜宅地建物取引業法施行規則の一部を改正する命令の公布等について(国交省

人吉の避難所の写真。大阪・大東市はテントのような間仕切り(産経)

「奇跡重なっただけ」床上浸水80cm、熊本・芦北町の特養。入所者全員生還も避難に課題(産経)

G20の食料消費によるCO2排出量を比較、1.5度目標達成できるのは2か国のみ。日本は1.86(AFP)

pen-05b.gif
7/17
土砂災害専門家(TEC-FORCE高度技術指導班)が令和2年7月の大雨による地すべりに対する対応について支援(国交省)  長崎県佐世保市小川内町(牧の地地区)
 上席研究員 杉本 宏之
 主任研究員 竹下 航
    研究員 野坂 隆幸

九州など被害の豪雨、総雨量が18年の西日本豪雨上回る…25万ミリ(読売)

移動式ランドリー車がフル稼働。カラフル洗濯機、「気持ち前向きに」。熊本(共同)

国交省、水災害対策と連携した街づくり後押し。モデル自治体選定し指針策定へ(建設工業)

7/20に多機能インフラプロジェクトの第1回検討会を開催(国交省)

7/20に、交通政策審議会港湾分科会「防災部会」(第5回)を開催(国交省)

残業100時間超、日常業務に負荷。建コン協、災害時の緊急対応状況実態調査。特例申請は2割どまり(建設通信)

ジャパンブルーエコノミー(JBE)技術研究組合の設立を認可(国交省)

AIチャットボットを活用した「災害・緊急時のリアルタイムコミュニケーション」(九州経済調査協会)
参考:豪雨が聞こえぬ恐怖。聴覚障害者、募る不安(西日本)

秀岳館高生、熊本豪雨で連日の支援活動(熊本日日)

豪雨被災地で右往左往して考えた(安藤 剛)

桜島の6/4爆発、噴煙9,500m超か。過去最大級と気象庁解析(373)

中国南西部、土砂災害で死者・行方不明者14人(日経XTECH)

pen-05b.gif
7/16
気象庁長官、「予想を大きく超えた雨量になったことは重く受け止める。大雨警報を超えるような状況は想定しておらず、我々の実力不足だった」(読売)
気象庁長官「予想を超える雨量 われわれの実力不足」(NHK)
豪雨の予想外れ「重く受け止め」。熊本の降水量で気象庁長官(共同)  200ミリと予想して、2倍超441.5ミリ観測

医療機関30施設が浸水被害。球磨川氾濫、人吉市周辺に集中。 被災地支援で訪れていた高松市の保健師の新型コロナ感染も判明し、医療関係者の間で緊張が高まっている。(西日本)
生活再建支援法を全域適用へ。熊本県、豪雨被害で(熊本日日)
熊本・球磨村の仮設住宅、運動公園広場を想定。国道も早期復旧目指す(西日本)
中津江をドローンで空撮。研究者ら「想像以上の被害」(西日本)
仮置き場が浸水…「想定外」で混乱する災害ゴミ問題(産経)  処理対応を事前に定める「災害廃棄物処理計画」を昨年5月までに全市町村が計画を策定していた。
国道41号、高山線の復旧めど立たず(岐阜)
国道158号通行止め解除、上高地へバス再開。当面は片側交互通行(信毎)
JR九州が345カ所で被害、落橋のあった路線は復旧の見通し立たず(日経XTECH)

大規模盛土造成地マップ情報のハザードマップポータルサイトへの提供(国交省)
大規模盛り土造成地、居住誘導区域内に1.2万箇所超。大阪府が最多(建設工業)

政府の骨太方針、国土強靱化を重要施策に。緊急対策後も十分な予算確保(建設工業)
「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」(2018〜20年度)後も強靱化基本計画に基づき、必要・十分な予算を確保。

近畿整備局ら、災害復旧相互支援機構を検討。基金、人材で復旧迅速化(建設通信)
全国の村の51%では技術系職員が1人もいない

一般送配電事業者10社、災害時の連携強化。仮復旧工事手順や工具統一、施工者と共同訓練も(建設工業)

淀川水系整備、水害リスク踏まえ議論開始(地方建専紙)

pen-05b.gif
7/15
15日は東日本が局地的に激しい雨。少雨でも災害の恐れ(朝日)
14日夜にかけて、東日本の沿岸部中心に激しい雨のおそれ(NHK)

電線にぶら下がる布団、駅の壁貫く流木。流された経営者、店も跡形なく。熊本・球磨(毎日)
まだ、川辺川ダムは不要ですか? 元記者に聞いて記事にしてください。部数が出るなら何でもありか?(u.yan)
補足:7/15「令和2年7月豪雨の緊急集会」(防災学術連携体)において、"川辺川からの流入により球磨川の流量が増え、ピークが早まっている"と九大・小松教授が講演されている。

コロナで「ボランティアできないけど」…ふるさと納税、アンテナショップで九州応援(読売)
九州豪雨ボランティア、募集の半数…長雨・感染防止が影響(読売)

20年7月豪雨:政府、4,000億円超の対策実施。7月中に策定へ(建設工業)

有明海・八代海において大量の漂流物を回収(国交省)

令和2年7月豪雨における被害者の有する許可等の有効期間の延長について(国交省)
豪雨被災地、許可の有効期間を延長(地方建専紙)

特製間仕切りで3密回避、九州の豪雨被災地に緊急提供。全国道の駅連絡会に群馬建協、全建協連が支援(建設通信)
避難所の3密対策やプライバシーの確保、ストレス軽減などを目的にデザインや使い勝手にもこだわった。約20分で組み立てられ、スペースも柔軟に変更できる。サイズは1辺2.1mの正方形で、高さは1.5m。避難所・避難生活学会が推奨する新型コロナウイルス対策の空間基準を満たす。

下水道からコロナウイルスが見つかっている事を考えれば、内水氾濫における防疫確保(処理場の浸水対策や災害ゴミ適切処理策、分流促進策など)も急がれる。(u.yan)


7/16に、水災害対策とまちづくりの連携のあり方検討会(第4回)をWEB会議で開催(国交省)

pen-05b.gif
7/14
命の確保を!
江津市で江の川が氾濫(時事)
島根・江の川が氾濫。中国地方で大雨(産経)
島根・江の川で氾濫発生。江津市川平地区と桜江町田津地区付近。レベル5(NHK)
広島県内各地で土砂崩れや道路崩落(中國)
東広島市で土砂崩れ、住宅1階に流入。84歳と55歳の親子2人連絡取れず(毎日)
民家に裏山から土砂、住人2人と連絡取れず…東広島市(読売)
広島・東広島、住宅の裏山崩れたと通報。住民2人と連絡取れず(NHK)
福岡・久留米、大刀洗川が氾濫危険水位に(NHK)
各新聞の速報力を確認しておこう。役に立ちます。(u.yan)

西〜東日本、14日にかけて再び大雨のおそれ。土砂災害などに警戒(NHK)

20年7月豪雨:政府、災害査定効率化ルール適用。机上査定の限度額引き上げ(建設工業)

土砂災害専門家(TEC-FORCE高度技術指導班)が 令和2年7月の大雨による土砂崩れに対する対応について支援(国総研)

14日に特定非常災害を閣議決定すると首相(共同)
政府、被災地復旧へ予備費活用。中小企業、農業支援を検討(時事)
豪雨災害復旧に、災害復旧の予算と予備費を合わせて4,000億円上回る予算を活用。首相(NHK)
人吉市長の、今回の豪雨と新型コロナウイルスと二重の被害にあっており、まち自体が消滅しかねない危機だとして、生活やなりわいの再建に向けた支援を迅速に行うよう要望……その答えが通常予算内?(u.yan)

熊本県中心に72人死亡。13人が行方不明(NHK)

福岡・大牟田 豪雨で浸水被害のポンプ場が復旧。今後に備え対策強化。地元の住民など、大牟田市に対してポンプ増設などの対策強化を求める要望書を提出していた(NHK)
九大・島谷教授「気候変動の影響で、今までの経験が通用しないほど激しい雨が集中的に降る時代になりつつある。以前は動いたポンプ施設も今後は水につかる事態が日本のどこでも起きうるため、自治体はポンプ場の高さを点検するなどの対応が必要だ」

「合成開口レーダ(SAR)画像による土砂災害判読の手引き」(国総研) 

市町村における防災対策について(平成26年6月4日 内閣府 防災担当)
市町村長は災害対応の第一線の責任者
市町村のための 水害対応の手引き(内閣府防災)
災害時に市町村長がなすべきこと
市町村が実施すべき主な対策
   災害対応体制の実効性の確保、情報の収集・発信と広報の円滑化、避難対策、避難所等における生活環境の確保、応援の受け入れ体制の確保、ボランティアとの連携・協働、生活再建支援、災害救助法の適用、災害廃棄物対策

提言:低平地等の水災害激甚化に対応した適応策推進上の重要課題(日本学術会議)
・再掲:2018年7月豪雨災害に対し、小林土木学会会長(当時)「地球温暖化の影響を含め災害のメカニズムが変わっている。土砂崩れを超え、山が流れる、山体崩壊という被害になっている」と指摘(2018.08.30 建設工業)
政治家に、特に首長にこの意識があるのだろうか? 学術からの情報発信にもっと耳を傾けて。(u.yan)

耐水への取り組みは未着手だった」建築学会が水害対策に本腰(日経XTECH)
参考:激甚化する水害への建築分野の取り組むべき課題〜戸建て住宅を中心として(日本建築学会)
戸建て住宅は戸数が多く、水害に脆弱であるにもかかわらず、対策が特に遅れており、調査研究の蓄積も限られている。さらに被災した家屋から発生する大量の災害廃棄物も大きな問題になっている。
住宅における浸水対策について(H13 国交省)

2路線の一部、復旧めど立たず。豪雨で橋梁流失など―JR九州(時事)

参考:中国・長江流域など広範囲で大雨被害。約3,800万人が被災(NHK)

台風被害備え、事前伐採…電力会社と自治体(読売)

スマホ向け「ピンポイント雷雨アプリ」(建設通信)

pen-05b.gif
7/13
西・東日本、大雨警戒。梅雨前線上の低気圧、13日から14日にかけて日本海へ(時事)
西日本では13日は再び雨が強まる見込み。12日、東北で激しい雨(NHK)
地盤の緩み、災害警戒を。前線影響、西日本や東北で(産経)

死者66人に(時事)
3,000人救助、自衛隊・警察・緊急消防援助隊・海上保安庁・DMATなど12万人超活動(時事)
飯田で斜面崩れ男性心肺停止。飯田市座光寺の小洞沢川沿い(信毎)
ドローンが見た氾濫後の人吉市、地元工務店が動画を撮影(日経XTECH)
八代海、大量の流木に悲鳴。漁業者「船が出せん」(熊本日日)
20年7月豪雨、41号(岐阜県下呂市)が300mにわたって流出。中部整備局、水位低下後に現地調査へ(建設工業)
樹齢千年超のご神木倒れる。岐阜。高さ40m、大雨影響で地盤緩み(共同)

首相、13日に豪雨被害の熊本へ。現地視察、知事と面会も(共同)

社会資本整備審議会河川分科会、「流域治水への転換」を国交相に答申(地方建専紙)

政府、防災タスクフォースが初会合。コンパクトシティーと防災連携で市町村支援(建設工業)

pen-05b.gif
7/11,12
梅雨前線、引き続き停滞か。気象庁が大雨警戒呼び掛け(日経)
週明けも大雨に警戒続く。東北でも土砂災害の恐れ(共同)
岐阜・長野・和歌山で断続的に激しい雨。土砂災害などに厳重警戒(NHK)
11日も九州から東北にかけて激しい雨のおそれ(tenki)
偏西風蛇行が豪雨に影響か、前線が列島型に変形。梅雨明け時期遅れも(産経)
再び大雨の恐れ。西・東日本、土砂災害警戒―梅雨前線、15日まで停滞続く可能性(時事)
再び豪雨の恐れ、災害に警戒。前線が活発化、低気圧の発達も(共同)
西日本から東北、激しい雨の恐れ。河川氾濫に警戒(日経)

熊本県中心に67人死亡、1人心肺停止。13人行方不明(NHK)
豪雨で高齢者向け99施設被災。9割で浸水・停電続く(共同)
九州豪雨死者、65歳以上が9割…専門家「避難支援へ積極行動を」(読売)
東大の片田敏孝教授「災害の本質は『予想もしないシナリオで襲ってくる』だ。行政の対応が万全という保証はなく、住民側も早期に高齢者の避難を支援するなど積極的な行動を取る必要がある」


「雨がやんでも警戒を」4時間後に崩落の例も。専門家、地層の緩み指摘(西日本)  1時間雨量100mmを観測したり、降り始めからの総雨量1,000mmを超えたりして地中に含まれる水分が一定量を超えた場合、大規模な斜面崩壊が起きるリスクが高まる。崩壊した土砂がその場にとどまらず、山肌を滑り落ちれば、土石流を引き起こす恐れもある。
記録的豪雨、1週間で年間雨量の半分も(NHK)
九州で死者63人不明16人。続く大雨、被害家屋1万、避難4,000人(西日本)
住宅被害1万2,000棟(読売)
嵩上げ5mでも2階まで浸水。球磨川沿い(熊本日日)
高山、下呂市の孤立状態解消。道路の土砂撤去終了(岐阜)

大規模災害時の災害査定効率ルールを適用〜災害査定の手続きを効率化し、道路・河川等の迅速な復旧を支援(国交省)  対象:長野県、岐阜県、熊本県、鹿児島県、熊本市

総務省、交付税145億円を繰り上げ配分。九州豪雨被災の20市町村に(時事)

「災害時における電動車の活用促進マニュアル」公表〜電動車を「移動式電源」として活用。外部給電機能や給電時の注意事項等をまとめる(国交省)

中国の中南部、記録的な豪雨。洪水で2,000万人被災。「三峡ダム」の水位、洪水防止制限水位を2m上回る(産経)

7/7に、持続可能な開発目標(SDGs)に関するハイレベル政治フォーラムサイドイベント「新型コロナウイルス感染症禍における水災害リスク軽減」を開催(国交省)

温室効果ガス削減:ジャパンブルーエコノミー技術研究組合の認可(国交省)

pen-05b.gif
7/10
広範囲で大雨警戒。九州北部や東海では再び非常に激しい雨も(NHK)
総合災害情報システムDiMAPS)(国交省)

犠牲者、高齢が9割弱(共同)
熊本県が安否確認コールセンター(096・333・2034)開設。土日・祝日も対応(毎日)
避難なお3,200人(日経)
豪雨被害、熊本中心に65人死亡。1人心肺停止、16人不明。捜索続く(NHK)
球磨川流量、国の想定超え…積乱雲の高さ15km(読売)
72時間雨量の史上1位が27地点…大分県日田市862mm(読売)
気象庁「令和2年7月豪雨」と命名(時事)

国道や肥薩線が寸断、球磨川の破壊力に戦慄(日経XTECH)

浸水被害が九州北部と中部地方に拡大、大分では橋の流失が相次ぐ(日経XTECH)

熊本豪雨で流失した道路橋の多くは1980年代以前の鋼桁。90年代以降に造られたり堤防の上を交差したりする橋は流失を免れた(日経XTECH)
流失した「球磨川の橋」に迫る、西瀬橋と球磨川第四橋梁(日経XTECH)

豪雨リスク激増を日本人に気づかせない、「3つのタブー」の存在(鈴木貴博)
気象災害で集中豪雨の被害は圧倒的
このことを国民に警告することに対して、3つのタブー、言い換えると3つの経済的な利害関係者が存在
1.地球温暖化を認めたくない巨大利権の存在
2.温暖化による気象災害には地域差がある。日本の西半分が危ない
3.ダムは渇水対策優先で建設された経緯があるため、事前放流しにくい

なぜ?災害高リスク地に高齢者施設。背景は(西日本)

「水害が地震より怖い」地下鉄、浸水対策はどこまで進んでいるか(枝久保達也)

7/13に、令和2年7月豪雨による堤防被災を受けて九州地方整備局が「堤防調査委員会」を開催(国交省)

防災・減災に関する記述で昨年の方針をコピペしたとみられる箇所がある。 政府の骨太方針(共同)
全ての政策に防災を組み込むと話した政治家はチェックしたのか? 本音、国民は二の次か?(u.yan)

気候変動を踏まえた水災害対策のあり方」とりまとめ〜社会資本整備審議会の答申(国交省)  主なポイントは、
◆計画・基準類の見直し=過去の降雨や潮位の実績に基づいて作成されてきた計画を、気候変動による降雨量の増加、潮位の上昇などを考慮した計画に見直す。
◆「流域治水」への転換=河川、下水道、砂防、海岸等の管理者が主体となって行う治水対策に加え、集水域と河川区域のみならず、氾濫域も含めて一つの流域として捉え、流域の関係者全員が協働して、以下の対策を総合的かつ多層的に取り組む。   
防災・減災の“総力戦”へ、国交省が国民と連携した新たな対策(日経XTECH)

AI駆使して従来の精度を超える。河川上流の水位や流域の降雨量などから、「経験則」で下流の水位を予測する手法(日経XTECH)

pen-05b.gif
7/9
10日にかけ大雨の恐れ。梅雨前線、再び北上へ―西・東日本、厳重警戒(時事)
官房長官「線状降水帯 予測難しい」引き続き警戒を(NHK)
梅雨終盤、豪雨招く「湿舌」。湿った空気停滞、気温上昇で雨量増(産経)

9県の60河川73箇所で氾濫…死者57人、不明17人(読売)
九州豪雨、熊本中心に59人死亡。5人心肺停止、17人不明。捜索続く(NHK)
各地で豪雨、87万人に避難指示。九州は不明者の捜索続く(共同)
大阪・柏原市役所工事の足場崩れ。JR大和路線、終日運転見合わせ(NHK)
8日、宮城で土砂災害の恐れ。管区気象台、警戒を呼び掛け(河北)
岐阜県下呂市、白川町の被害の様子(朝日)
バックウォーター内水害:飛騨、バックウォーターか。飛騨川に白川が流れ込む合流点付近でも水があふれた(朝日)
飛騨川氾濫、780世帯孤立(中日)
「どうして何度も」大分で再び豪雨、復旧へ歩み出す矢先(朝日)
熊本、北部にも孤立集落。小国町と南小国町の64世帯(時事)

梅雨前線に伴う豪雨災害、水機構、各地のダムを防災操作(建設工業)

鉄道橋梁4本流失、再建に多額の費用で復旧長期化は確実(毎日)
流失した「球磨川の橋」に迫る、西瀬橋と球磨川第四橋梁(日経XTECH)

銀行に車が立ち往生、人吉市の浸水被害の惨状(日経XTECH)
九州北部を襲った豪雨、大牟田市の浸水被害が浮き彫りにした街づくりの課題(日経XTECH)
浸水被害が九州北部と中部地方に拡大、大分では橋の流失が相次ぐ(日経XTECH)

自動車検査証の有効期間の伸長措置に係る対象地域の拡大等について(国交省)
* 鹿児島県(鹿屋市、曽於市、志布志市)
* 福岡県(大牟田市、八女市、みやま市、久留米市)

「気候変動を踏まえた海岸保全のあり方 提言」とりまとめ〜気候変動による影響を明示的に考慮した海岸保全への転換(国交省)

7/10に、第1回 コンパクトシティ形成支援チーム 防災タスクフォース会議の開催(国交省)

pen-05b.gif
7/8
特別警報(気象庁)   避難!
岐阜・下呂、飛騨川、萩原町中呂付近で氾濫発生(NHK)
岐阜・郡上、長良川が氾濫危険水位に(NHK)
レベル5、岐阜県と長野県に大雨特別警報。最大級の警戒が必要(NHK)
滋賀・米原、天野川が氾濫危険水位に(NHK)
松山、市内の16万人余に避難指示。土砂災害のおそれ。レベル4(NHK)
筑後川、大分川で氾濫発生(NHK)
岐阜に大雨特別警報(共同)

九州から東北の広範囲で土砂災害や河川の氾濫に厳重警戒(ウェザーマップ)
前線活発、西日本から東北、9日(木)まで。災害危険度高く(ウェザーマップ)
8日、非常に激しい雨のエリアは東へ。9日まで大雨長引く(tenki)
梅雨前線、9日ごろにかけて西日本から東北に停滞。東海、四国、関東甲信も九州上回る雨量か(毎日)
前線、8日にかけて南下。熊本で再び大雨の恐れ。降水域が東北まで拡大、警戒を(共同)
列島、どこまで広がる豪雨。「線状降水帯」空気と地形カギ(産経)  「いつでもどこでも起こりうるが、予想は困難(気象庁予報課)」

まだ10日間ほどは断続的に大雨のおそれ、長丁場の警戒が必要(杉江勇次)
これが温暖化時代の梅雨。 もっと苛酷になる。 政治家よ、甘く考えるな。特に旧民主党議員。(u.yan)

避難所にはコロナ懸念でパーテーション。熊本・八代(AFP)      これで「感染予防」万全?
総理大臣、この体育館に1週間居れますか?(u.yan)


再掲
市民への緊急メッセージ「感染症と自然災害の複合災害に備えて下さい」(防災学術連携体幹事会)

避難に関する提言 新型コロナウイルス感染リスクのある今、あらためて災害時の『避難』を考えましょう(日本災害情報学会長 片田敏孝)

熊本中心に57人死亡。2人心肺停止、12人不明。捜索続く(NHK)
JR久大線・豊後中村―野矢間の鉄橋流失(毎日)
玖珠川氾濫し、天ケ瀬温泉街に濁流(大分合同)
災害派遣2万人態勢に増強(共同)
熊本豪雨の被災状況を空撮で見る(アジア航測,朝日航洋)
 
7日、九州各地で記録的大雨。土砂災害・氾濫、厳重な警戒を(NHK)
九州豪雨、熊本中心に53人死亡。2人心肺停止、13人不明。捜索続く(NHK)
139万人に避難指示…熊本で49人死亡・福岡でも死者1人(読売)
大分・日田、住宅に大量の水。70代女性流され行方不明(NHK)
熊本・人吉の水害「過去最大級」。55年前の浸水高超え、4.3mの高さに。あふれた水、球磨川の流れに沿う(朝日)
国道崩落、車近付けず。「被害実態つかめない」。熊本県球磨村ルポ(熊本日日)
 
球磨川中流域で水位急上昇、上流の人吉盆地で行き場失う(日経XTECH)

災害事例に学ぶ、浸水住宅の再生術11カ条(日経XTECH)
 
豪雨で九州の工場が操業停止。7日も経済活動に影響(産経)
九州豪雨でトヨタやマツダなどの工場が操業停止(ロイター)
 
九州豪雨:国交省、復旧工事の早期執行へ取り組み。見積もり活用し予定価格設定(建設工業)
国交省、防災・減災プロジェクト決定。防災主流の社会実現へ、主要10施策確立(建設工業)
(1)流域治水への転換、 (2)気候変動の影響を反映した治水計画などへの見直し、 (3)防災・減災のための住まい方や土地利用、 (4)災害発生時の人流・物流コントロール、 (5)交通・物流の機能確保に向けた事前対策、 (6)安全・安心な避難のための備え、 (7)インフラ老朽化対策や地域防災力の強化、 (8)新技術の活用による防災・減災の高度化・迅速化、 (9)分かりやすい情報発信の推進、 (10)行政・事業者・国民の活動や取り組みへの防災・減災視点の定着。
防災・減災主流の社会構築へ、大臣プロジェクトで総合施策。「流域治水」など10施策提示(建設産業)
総力挙げ“流域治水”に転換。水系ごとの全体像 2020年度内に策定。防災・減災主流の社会実現。国交省(建設通信)
 
国交省、流域治水プロジェクト始動。庄内川協議会発足、20年度内に実施内容決定(建設工業)
 
pen-05b.gif
7/7
レベル5 大分県日田市で筑後川が氾濫(産経)
下筌ダム、津江川に緊急放流の可能性。午前10時半か(NHK)
福岡県・佐賀県・長崎県に「大雨特別警報」最大級の警戒を(NHK)
 
2008年にダムを白紙撤回した熊本県知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」。熊本豪雨・球磨川氾濫(毎日)
Q:ダムによらないやり方、これまでのやり方を変えるつもりはないということか?
A:少なくとも私が知事である限り。
 
九州南部豪雨:行政・建設業界、対応に奔走。国交相「迅速に状況把握」指示(建設工業)
令和2年7月3日からの梅雨前線に伴う大雨の災害緊急調査を実施〜国土交通本省災害査定官を派遣、被災した河川・道路等の迅速な復旧を支援(国交省)
建設業界一丸で応急対応。国交省がTEC-FORCE派遣排水活動、被災状況調査。九州南部豪雨(建設通信)
TEC-FOCE(緊急災害対策派遣隊)参集して調査に
建設コンサルタンツ協会九州支部、現地調査に
熊本県建設業協会、被災地域の支部が応急復旧に

地域建設業が応急復旧に全力。記録的大雨で球磨川が決壊、「九州北部」「西日本」と同時期発生(建設通信)
言訳に懸命な首長と違う。建設業は行動している
命を救ってナンボ、苦しい人を助けてナンボが首長ではないのか。(u.yan)

 
球磨川の決壊箇所は旧川跡、「重要水防箇所」で氾濫多数(日経XTECH)
熊本豪雨で球磨川破堤に土砂災害多発、県南部で人的被害が集中(日経XTECH)
熊本豪雨で球磨川破堤に土砂災害多発、県南部で人的被害が集中(日経XTECH)
2020年7月 熊本県・鹿児島県豪雨災害(パスコ)

命の確保!
大分・日田で筑後川が氾濫。水位5m超を観測(朝日)
警戒レベル5、 筑後川、大分・日田で氾濫 が発生。厳重な警戒呼びかけ(NHK)
下筌ダム、津江川に緊急放流の可能性 。午前10時半か(NHK)
福岡大牟田、浸水した小学校の2階以上に住民らが避難(NHK)
福岡県・佐賀県・長崎県に「大雨特別警報」最大級の警戒を(NHK)
72時間」迎えた熊本豪雨被災地。行方不明者を重点捜索(産経)
赤ちゃんら救命ボートで救助。冠水の福岡県大牟田市(朝日)
冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北(毎日)

九州の豪雨、死者50人。福岡・大牟田、冠水で避難所孤立(共同)
国道が水没、住民絶句。長崎県内大雨、各地で崖や路肩崩れる(長崎)
石がゴロゴロ転がる音が怖い…蘇る「3年前の豪雨」の記憶(読売)
気象庁「少しでも命が助かる可能性の高い行動を」大雨特別警報(NHK)
梅雨前線停滞「経験ないほど長い」。7日も広範囲に大雨(朝日)
前線停滞、7日にかけて活発な状態が続く見込み。特に九州北部では局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれ。気象庁、福岡県・佐賀県・長崎県のいずれも複数の市や町に大雨特別警報を発表(NHK)
福岡・佐賀・長崎県に大雨特別警報…既に災害が起きている恐れ(読売)
「7日明け方にかけて最大級の警戒が必要」(共同)
気象庁6日16:30に、福岡県・佐賀県・ 長崎県に「大雨特別警報」。最大級の警戒を。 レベル5(NHK)
福岡・添田町の油木ダムで、18:00ごろから今川に緊急放流の可能性(NHK)
「緊急放流」が始まると、下流では氾濫のおそれが出てくるため、放流が始まる前に川から離れ避難してください。
福岡・添田町で山川氾濫、道路が冠水(読売)
福岡・大牟田、市内全域11万2,600人余に避難指示。レベル4(NHK)
長崎・西海、1万2,512世帯2万7,042人に避難指示。レベル4(NHK)
長崎・大村市全域に避難指示。レベル4(NHK)

九州大雨130万人に避難指示…熊本で60集落孤立、土砂災害40か所で発生(読売)
九州豪雨、122万人に避難指示。熊本の死者49人不明11人(共同)
6日、九州南部で再び大雨、1,000世帯孤立。死者25人に(日経)
熊本の死者44人に(日経)
熊本・鹿児島・宮崎で猛烈な雨、6日25万人避難指示(読売)
死者39人、心肺停止3人 不明10人捜索続く―強い雨、二次災害警戒・熊本豪雨(時事)
熊本の特別養護老人ホーム「千寿園」、心肺停止14人の死亡確認(NHK)
球磨村の200人、壁と床ない避難所で2晩。役場も孤立(朝日)

pen-05b.gif
7/6
熊本・水俣、水俣川と湯出川が氾濫危険水位に(NHK)
鹿児島・南さつまと南九州の万之瀬川、氾濫危険水位に(NHK)
宮崎・都城、大淀川が氾濫危険水位に(NHK)
時間100ミリ超、鹿児島県で猛烈な雨。熊本県でも激しい雨。土砂災害など厳重警戒(NHK)

6日、各地で大雨の恐れ。熊本・鹿児島は土砂災害に警戒を(朝日)
九州、8日ごろにかけて前線が停滞。再び「線状降水帯」発生のリスクも。最新情報に注意を。気象庁(NHK)
「現地で復旧活動にあたっている方々も災害の危険度が高い状態が続いていることを念頭に置いて最新の情報に注意してほしい」

熊本県南豪雨、死者22人に。心肺停止18人、行方不明11人(熊本日日)
死者18人に。心肺停止16人、不明14人、被害確認急ぐ―熊本豪雨(時事)
熊本豪雨、死者18人に。心肺停止16人、行方不明14人(共同)
熊本・記録的大雨、20人死亡。14人心肺停止、14人行方不明(NHK)
黙祷。  潜在的危険を機会があればうったえてきました。空振りです。本当に悔しい。
人吉水害、広島豪雨、熊本の断層帯と阿蘇大橋落橋。悲しいほどに的中。
財政健全化で何人死人が出た! 防災よりカネですか? (u.yan)


環境省と内閣府、気候危機には「災害をいなす」。自然活用や移住促進で被害最小に(日経XTECH)
笑う! 木が森になるのに何年? 面積当たりの保水能力は? 30年待つ緩和策より緊急適応策を。(u.yan)

「被災者支援を迅速かつ強力に」…政府の豪雨対策本部が初会合(読売)

電柱には55年前の「洪水痕跡」。氾濫繰り返す球磨川(朝日)
熊本豪雨で球磨川破堤に土砂災害多発、県南部で人的被害が集中(日経XTECH)
参考:人吉のGoogle map
続く捜索、悲痛な声も。家屋倒壊、救出間に合わず―住民「ドドーン」とごう音(時事)
熊本・鹿児島の豪雨災害、被害甚大 廃小学校に「SOS」(AFP)
ヘリに救助求め「120メイヒナン」の文字…周囲の道には泥(読売)

経産省、旧式石炭火力114基を休廃止へ。7月中に有識者会議立ち上げ(建設工業)

一般海域での洋上風力発電 経産省と国交省が実施公募手続き開始(建設通信)

pen-05b.gif
7/4,5
九州、5日にかけても大雨の恐れ。鹿児島は200ミリも(朝日)
5日にかけ局地的に非常に激しい雨のおそれ。前線も停滞。警戒を(NHK)

球磨川氾濫なぜ。流域上に積乱雲の帯、対策しづらい地形(朝日)
九大・島谷教授(河川工学)「大きな堤防を作ると住む場所がなくなってしまうので、洪水対策がしづらい」
球磨川水系の利水ダム5基、事前放流実施されず突発的な豪雨は対象外。国土交通省「今後の課題として検証する」(読売)
球磨川への緊急放流、中止の方針。雨ピーク過ぎ流入量減る見通し(NHK)

避難所の感染症対策:内閣府、布でできたパーテーション300枚、調達できしだい現地に。段ボールベッド、非接触型の体温計の輸送始める(NHK) 
球磨川氾濫で避難所は「キャパ超え」。災害とコロナ、両にらみの難しさ(毎日)
「避難者が感染リスク負うことないよう対応を」経済再生相(NHK)

九州など大雨、政府が官邸対策室設置…首相が全力対応指示(読売)   4日04:50首相官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置。07:15に官邸対策室に格上げ。
ネット寸断、情報収集難航。大雨被災地の自治体、職員総出で対応―熊本(時事)

熊本・記録的大雨、2人死亡、16人心肺停止。1人重体、7人行方不明(NHK)
特養老人ホームが水没、14人心肺停止(朝日)
「高台にあるのに水が」…14人心肺停止の特養、「入所者60人が孤立」と救助要請(読売)
熊本豪雨、15人が心肺停止、1人重体。不明は11人(朝日)
熊本・大雨、1人死亡、15人心肺停止。1人重体、9人が行方不明に(NHK)
球磨川が氾濫、35世帯64人避難…自衛隊に派遣要請(読売)
土砂崩れの現場で「1人の遺体」との連絡(朝日)

沈む民家、むき出しの山肌。豪雨爪痕各地に―熊本上空(時事)
濁流の爪痕生々しく。 屋根で救助待つ人、家、道は茶褐色(西日本)
熊本、球磨川で堤防決壊1か所。県内で11か所氾濫。国土交通省(NHK)
熊本・鹿児島、避難指示の対象は10市町村に(産経)
7万6,600人に避難指示(日経)
九州新幹線、一部で運転見合わせ(毎日)
「2階まで浸水の住宅も、パニック状態だ」(産経)
八代市や人吉市でも氾濫(NHK)
熊本県人吉市上青井町(人吉橋)付近のライブカメラ映像(産経)
熊本・芦北町 「道路が川のよう」(NHK)
球磨川で氾濫発生。ほぼ全域の7か所で(NHK)
熊本、鹿児島に特別警報。球磨川が氾濫(時事)
気象庁臨時会見、避難呼び掛け遅く釈明も(共同)
AIに任せたらどうだ。九州北部豪雨と同様、経験加味で遅くなってる。温暖化災害は経験不足の領域だろ。(u.yan)
気象庁「命を守る行動を」。熊本、鹿児島両県に初の大雨特別警報(毎日)
熊本・鹿児島に大雨特別警報(NHK)
鹿児島・熊本に大雨特別警報、最高の「レベル5」…気象庁「命を守る行動を」(読売)
気象庁「災害発生している可能性 極めて高い」。熊本県・鹿児島県(NHK)
熊本大雨、24時間雨量の記録更新…湯前町479mm・水俣市474mm(読売)
西之島、観測史上最も高い4,700mの噴煙。活発な活動(NHK)
人吉には直角に2つの川が流れ込む。上流に治水ダム無しでは安全を確保できないエリアである。過去にも身の丈を超える大水害を食らっている。
そして、球磨川は岩盤を切り刻んだ川、八代まで一気に水が流れる。川沿いの家を守るにはダムしかないのでは。(u.yan)


西日本豪雨2年、「交流頻度減った」仮設住宅など入居。7割が回答(NHK)