うちごまのページ                                                                              
              管理人:うちごま                                     
 
うちごまのつぶやき 自由研究 土木巡りリスト うちごまの 「ごちそうさま」



   うちご まのつぶやき


    つぶやき記事一覧
〜2012年 〜2013年4月 〜2013年5月 〜2013年10月前半 〜2013年12月前半 〜2014年4月 〜2014年9月 〜2014年12月
〜2015年4月 〜2015年9月 〜2015年12月 〜2016年12月 〜2017年12月



 
 
   夜桜 2018.3 
   
  
今年は気温20度以上の暖かい日が続き、桜も3月末で満開です。
西公園に夜桜見物に来ました。

光雲神社の境内から参道までライトアップ。
いつか来てみたいと思っていたので。


たぶん、満開が早まったので急いで屋台を出したのでしょうか。ちらほら出ていました。
宮地岳神社のように、参道がまっすぐ見下ろせます。


 
バイパス開通翌日リベンジ 2018.3 
   
  

昨日、失敗したバイパス入口から。今日は成功。しかし、やはりこの車線は流れはありつつも長蛇の列。

緩い法面勾配は法面保護していた。

ここは間に合わなかったようだ。





お宮さんの参道直上にかかる橋の欄干。

終点付近。午後。
反対車線(博多から古賀方面)が混む。



 バイパス開通 2018.3 
 
 
  

とあるバイパスの開通の日。どれだけ快適になったか。レッツゴー。・・・バイパス入口。激混み。警察も出ているが、なすすべなしなのか?談笑している。この入口までたどり着くのに信号4回まち。

バイパスに入ってしまうと空いている。赤い欄干は、その付近にお宮さんがあるため。由緒ある宮。風景がマッチすると良いけれど。

切土法面。まだ吹付していない裸の状態。かなり表面、風化している。




あれあれあれ。出口付近はまた大渋滞。今日の開通式だけの現象であればよいが。この開通がどれだけの渋滞緩和効果が見込めるのか前途多難。
Uターンして反対車線を帰ろうと思いきや、失敗。入口案内がわかりにくく、入り損ねた。本線3車線のうち、左1車線が分岐してバイパスへつながる。そのため本線左車線は長蛇の列。今までにない渋滞要因が。

仕方なく、従来の道を帰る。反対車線は大渋滞。この新規バイパスとの交差点が信号になったため、その影響のようだ。






  自由研究に「森友学園問題」アップしました 2018.3  
  

  → 
まだ途中ですが、徐々に埋めていきます。詳細は、新コーナー「自由研究」へどうぞ。






   自由研究に「博多駅前陥没事故」と「九州北部豪雨」アップしました 2018.2  
  

  → 
詳細は、新コーナー「自由研究」へどうぞ。






 福岡日本海側
 2018.2  
  → 
詳細は、新コーナー「自由研究」内、「
福岡日本海側」にアップしました。
    
   左が裂田神社。右が裂田の溝。日本最古の用水路。福岡県那珂川町。2014年3月に訪れた。

 キッカケその1、上町台地が気になると、おのずと古来からの東アジアの玄関口が気になりだした。
 船着き場や城、神社をマッピングしてみた。
 やり始めて数時間。神社だけのマッピングでも終わらない!!(涙) ・・・太古の歴史を感じる。

 キッカケその2はこの出来事もあった。
  
 2016.11 博多駅前。地下鉄工事の陥没当日の夜の様子。
 この出来事を掘り下げるには、この地の歴史を知ること先決と思った。
 ということで、自由研究にこれもUPしてます。
 



 船着き場からの視点 2018.2  
  → 
詳細は、新コーナー「
自由研究」内、「上 町台地・三川合流」に移動しました。
  

これも 2014.1水の都、大阪。橋巡り。で撮影。
    
ここは大川の天神橋の近く。左の写真が渡辺津。平安時代からある 船着き場。京都からここで下船し、熊野街道へ向かったらしい。
そして江戸時代は八軒家浜と呼ばれ、京都伏見までの淀川三十石船な どの舟運の主要港として栄えたそうだ。
・・・続きは新コーナー「自由研究」内、「上 町台地・三川合流」でご覧ください。





 
上町台地から 2018.2 
   → 
詳細は、新コーナー「
自由研究」内、「上 町台地・三川合流」に移動しました。

  
先月、堺筋線は上町台地西側沿いと いう話から、どうにも上町台地が気になり始めた。
上町台地の北方に大阪城があるのは理解した。では南方には・・・あれ。仁徳天皇陵のあたり?・・・やっぱり重 ね図を作っている方がいた。
大阪城や古墳群。大阪湾や奈良盆地の軟弱に作らないだろうなと思った。今や当時とは全く異なる地形なのだ。
・・・続きは新コーナー「自由研究」内、「上 町台地・三川合流」でご覧ください。






 明けましておめでとうございます 2018.1

  
 

今年もうちごまよろしくお願いいたします。
さて、年明けは関西から。
桂川、宇治川、木津川の三 川合流地帯。昭和に入り、今の姿に整備されているという。

この付近、フルフラット。
縄文の 海進では海の底。


電車が高い堤防の法尻を走る。
  




宇治駅

構内






宇治川下流

宇治川上流。

橋の前面に杭。




平等院 平成の 大改修の際は議論があったとか。

水面に映る平等院が綺麗。

庭園内の建物。色褪せしている。




所変わって、通天閣。耐震補 強工事された。
竹 中工務店さんの技術です。

ダンパーが脚の付け根に。
天井画が復刻

坂田三吉をたたえた碑。






社会勉強に・・・。いや、入ってはないです。
昭和を感じさせるなと思った。

同じように昭和の匂いのする映画館。
通天閣エリア再開発計画があるようです。
星野リゾートさんが観光ホテルを計画されているそうです。
地下鉄堺筋線は上町台地の 西側沿いを南北に走る。通天閣もその延長線上。
これより西は古代、大阪湾だった。




新世界市場入口。

大晦日というのに、シャッター通りになっている。大都市で も地方でも同じ問題を抱えている。

店舗ごとに競って、面白いポスターを張り出している。この ポスターを見に来てほしいという町おこし。




生田商店さん。

あはは^^

中山菓舗さん。




おまけ。平等院への寄り道で行ってきました。
京都の四条通の 道路再配分
歩道を広く、車線数を減少。
これだけの観光客数と周辺の公共交通の充実があれば計画できることかもしれない。

地方で同じことができるのだろうか。



  
   

  
   つぶやき記事一覧
〜2012年 〜2013年4月 〜2013年5月 〜2013年10月前半 〜2013年12月前半 〜2014年4月 〜2014年9月 〜2014年12月
〜2015年4月 〜2015年9月 〜2015年12月 〜2016年12月 〜2017年12月



若手土木技術者のページ





   うちごまのProfile


<プロフィール>

ハン ドルネーム:うちごま
年 齢:オジョウチャンとはいわれないが、オバハンともいわれない。(毎日アンチエイジングにいそしむ日々)
好き なもの:ご町内の酒宴は未だ変わらず。
嫌い なもの:いまのところ書けない。
家 宝:父の書
愛読 書:ぴくぴく仙太郎(登場キャラのネコのみやちゃんが好き)
経 歴:以下の通り
  子供の頃、父(土木エンジニア)の背中をみて育つ。
  浪速で生まれ育つが、物心ついた頃、
  なぜか本州西端にたどり着き、しばらく過ごす。
  その地で土木の職に就き、比較的まじめに働く。
  2011年、意を決して海の向こうに渡るも、九州で捕獲される。
 2013年、新たな人生の始まり。人生色々だもの。





 




   ご利用について


1.リンク
 当ページへのリンクは公序良俗に反しなければ自由です。メールで御連絡いただくと有り難いです。
 どの頁にリンクされても構いません。

2.サイトやブログの管理者の方へ
 リンクが御迷惑でしたら、下記からメール願います。速やかにリンクを外します。

3.免責事項
 当頁の内容について、正確性・有用性・最新性等の保証をおこなうものではありません。
 当頁を利用することにより生じる損害についての一切の責任を負いません。
 リンク切れ等の不具合に関し、その責を負うものではありません。
 リンク先の情報の正確性・最新性等を保証するものではありません。
 予告無しに頁の内容を変更したり削除することがあります。
 ウイルスソフトを使っておりますが、完璧はないものと御承知ください。
 コンピューターウイルス、妨害行為等による不可抗力について責を負いかねます。

4.商標・名称等
 記載しております名称に関し、商標・登録商標の(R)マーク等を省略させていただきました。
 組織・団体につきまして、略称を使用させていただきました。
 発表論文の御名前を略させていただいてる場合があります。また、敬称を略させていただいてます。

5.ブラウザの表示
 HTML5およびXHTMLは未対応です。IE10の互換モードで表示を確認。他ブラウザでは表示が違う場合があります。
  


6.広告等
 当頁はアフリエイト等は付けておりません。閲覧中の広告等は当ページと無関係です。

7.著作権
 当頁の著作権等は うちごま にあります。
 若手土木技術者のページは
u.yan さんにあります。
 リンク先の著作権等は各サイトに帰属します。

8.謝辞
 頁作成にフリーソフト・無料素材を使ってます。
 作者の皆様に感謝申し上げます。

  セキュリ ティー上、メールアドレスを  図化してます。(う ちごま)




Copyright  (C) uchigoma All Rights Reserved